USCPAで転職をもっと優位に進める

空前の人手不足の中、企業同士での優秀な候補者の奪い合いがおおく見られます。先日あるクライアント様よりUSCPAについてお話をする機会を頂きました。完全なる売り手市場と言われる中、どうしてUSCPA取得のタイミングが今なのかを質疑応答形式で以下に紹介させていただきます。

USCPAの資格取得のタイミングですが何故 「今」なのですか。

興味深いことにUSCPAの資格に対する採用担当者の評価が、昔は「必須条件」だったのに対し「持っていたらなお良い」に変化してきたということです。過去には多くの企業で資格保有者を要求していましたが、近年の人材不足の影響を受け要求項目を緩和してきたと言えます。

つまりUSCPA保有者への評価は以前のそれよりさらに高くなったということです。私たちは候補者を企業様へ紹介する際、USCPA保有者であることを真っ先に伝えます。採用担当者様の候補者への興味が断然高まるからです。

USCPA 保有者の需要が高いのはどの業種、業界ですか。

業界、業種にかかわらず需要は見られます。企業のサイズ、またその企業の事業内容によって需要の度合いが違います。外資系企業であったり国外で事業を展開するなどで海外との取り引きや交流がある企業では、多くの場合USCPA保有者の要求が高いと言えます。

大企業の経理・財務部は海外の関連企業や親会社との連絡・取引また連結作業とうの共同作業が通常業務の一部で、その必要性から中堅から大企業で特に多くの需要が見られます。

日本において、JCPAと比較した場合何がUSCPAの最大の特徴と強みですか。

コミュニケーション能力は重要ポイントのひとつです。USCPAは米国の公認会計士の資格ですが、IFRSを適用している外資系または国外でビジネスを展開する日系企業(インターナショナル企業)においてもUSCPA保有者は高需要です。会計基準や会計用語を英語で理解し尚且つ明確で的確な意思疎通が出来る人材が必要とされています。USCPA資格は英語でのコミュニケーション能力を証明する意味でも優位に働きます。その為アメリカの企業以外でも英語が必要とされる企業では重要視されます。

国外の関連企業や採用担当者との連絡が必要不可欠な中堅から大企業でUSCPAの認知度はとても高いと言えます。シンガポールや香港でファイナンス出身の採用担当者はJCPAを承認してはいますが、USCPAをより高く評価します。
 

採用担当者自身がUSCPA 保有者であることも多くみられます。シンガポールや香港などの海外で採用担当者がJCPA保有者であることはまずないと言えます。

日系企業で海外に事業を展開する企業においてもUSCPAの評価は高いですか。

はい、海外の子会社との連結決算作業等に係るようなポジションでは需要が高いと考えられます。JCPAは日本国内において、現地レベルで日本語だけ必要とされるポジションでとても高く評価されます。ただ、そのようなポジションでも業務内容に英語の必要性が出てきた時点でUSCPAへの評価は上がるでしょう。

USCPAの取得は昇給にもつながりますか。

ほとんどの企業でUSCPA取得者を必要とするのは経営戦略などの管理職レベルです。それより下の職務では、資格取得者もそうでない人も日常経理などの同じような業務をこなし昇給率も特に違いがないと言えます。しかし、管理職レベルにおいて、取得者とそうでない人では昇給のスピードに差が見られるでしょう。
 

今回紹介させて頂いたUSCPAについての質疑応答は以上となりますが、もし他に何か質問等ございましたらいつでもご連絡ください。

モーガンマッキンリーはあなたのキャリアパートナーです。転職やキャリアについてのご相談などいつでも受け付けております。

LINE からのメッセージもいつでもお待ちしております。

Click on "LINE" 「友だち追加」below If you are on smartphone 友達ボタンをクリック

友だち追加

Or read QR code below and add QRコードをスキャン

 

QR code LINE.png

You can also add us by searching our ID code IDコードをサーチ
LINE@ID@lzn4404b

 

 

Brad Francis's picture
コンサルタント | 経理・財務紹介部門
bfrancis@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事