2019年9月におけるアセットマネジメント業界 (日系、外資系) の中途採用市場のアップデート

河野 次男 13 Sep 2019

現在リリースされている日系、外資系アセットマネジメントの職種をご紹介いたします。

2019年度における求人数のランキングやアセットマネジメント業界のプロフェッショナルの方々の転職動機等をリサーチし、まとめたブログをいくつかリリースさせて頂きましたのでそちらもあわせて是非、ご一読ください。

アセットマネジメント記事一覧

こちらをクリック

話は変わりますが、このブログを執筆をしていたのは9月12日になります。現在においても外資系アセットマネジメント、日系アセットマネジメントの求人数はこの時期としては珍しく、案件数は例年のQ3と比較しても多い状況になります。

ご参考までに、現時点で弊社が把握している日系、外資系のアセットマネジメント会社から正式にリリースをしている正社員の求人数は以下の通りです。
※全てアクティブなヘッドカウントがあるものになります。(独占案件、監査、人事、IT、第二新卒枠の案件はデータ含めておりません)

  • 外資系アセットマネジメント 78件
  • 日系アセットマネジメント 63件

大まかな詳細は以下の通りです。

外資系アセットマネジメント(合計78件)

フロント系:(32件)
・投資信託営業(セミナー講師の案件含む) 12件
・機関投資家営業(年金、金融法人の両方) 11件
・アナリスト(株、債券) 5件
・ファンドマネージャー(株、債券) 4件

ミドル系:(21件)
・商品企画、開発(機関投資家、リテールの両方) 4件
・プロダクトマネージャー系(全てのアセットクラス) 12件
・ミドル系オペレーション 2件
・クライアントサービス 3件

バックオフィス系:(25件)
・投信計理、投資顧問計理 5件
・投信、投資顧問レポーティング 4件
・RFPライター 3件
・コンプライアンス 7件
・パフォーマンス、リスク分析、インベストメントリスク 3件 
・マーケティング(デジタルも含む) 4件
・トレーディング 1件

日系アセットマネジメント(合計63件)

フロント系:(21件)
・投資信託営業(セミナー講師の案件含む) 6件
・機関投資家営業(年金、金融法人の両方) 5件
・アナリスト(株、債券) 5件
・ファンドマネージャー(株、債券) 5件

ミドル系:(24件)
・商品企画、開発(機関投資家、リテールの両方) 3件
・プロダクトマネージャー系(外部委託運用) 15件 
・ミドル系オペレーション 2件
・クライアントサービス 4件

バックオフィス系:(18件)
・投信計理、投資顧問計理 2件
・投信、投資顧問レポーティング 3件
・RFPライター 0件
・コンプライアンス 4件
・パフォーマンス、リスク分析、インベストメントリスク 2件
・マーケティング(デジタルも含む) 5件
・トレーディング 2件


これらの数字からもご理解頂けます通り、基本的にはバランスよくフロントからバックまでの案件が9月12日現在もリリースはされております。企業でサーチをしているレベルやタイトル等の詳細は記載をしておりませんが、大部分は外資系のAMでいうアソシエイトからVP、といったレベルでのニーズが約8割を占めております。パブリックのブログである都合上、ここでは理由は記載致しませんが、ヘッドレベルのポジションは時期的には11月から3月にかけてサーチが始まるケースが多く、非常に少ないですが現時点でもいくつかございます。

また、このタイミングですと外資系アセットマネジメントのプロフェッショナルの方々のボーナスが数か月でボーナスのペイアウトとなる為、積極的に動かれるタイミングとは言い難いです。営業マンとしてご転職を煽っているいる訳ではなく、私が14年間弊社でリクルーティングをしている中で確実に見てきているパターンを基にですが、少なくとも11月、12月までは競争率が低く選考に通過しやすい時期であるため、狙っているポジションがある場合は極めてチャンスです。

アセットマネジメント業界に関するより具体的な詳細やご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
他のエージェントよりも早くてベストなサポートを致します!

Tsuguo Kohno's picture
ディレクター | アセットマネジメント、プライベートバンク 紹介部門
tkohno@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事