2018年 リスクマネジメント 給与ガイド

2018年 リスクマネジメント給与ガイドではアナリストからディレクターレベルまでの各業務別の給与額をご覧いただけます。

給与ガイドをご希望の方は以下のリクエストフォームをご記入の上お申し込みください。

 

リスクマネジメント

2017年のリスクマネジメントにおける採用動向は前年と類似しており、大きな変化は見られませんでした。クレジットリスクのジュニア案件が最も多く、市場リスクや業務リスクの案件はごく少数に留まりました。日系の金融機関で採用の増加傾向が続いているのは、流動性リスク分野です(トレジャリー部門の管轄となる会社もありますが)。これらの企業では、組織全体のリスク関連インフラ強化に貢献できる高度なクオンツ、IT開発、及びプロジェクトマネジメントスキルを有する人材を求めています。自社インフラを擁さない金融ベンダーでも同じような求人が見られました。背景にはMiFID IIやコラテラルマネジメント関連の規制があります。リスク管理関連のプロフェッショナルの方が、転職に際し大幅な給与増を無条件に期待することは難しくなっています。その一方で優れた学歴・職歴、IT開発・プロジェクトマネジメントスキルを保持する候補者、又は金融監督機関当局対応の経験を有するプロフェッショナルの方は給与の増額が期待できます。

Steven Howden's picture
マネージャー | 銀行&金融 紹介部門
showden@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事