2017年 給与ガイド

モーガンマッキンリー2017年版給与ガイドは弊社独自の調査を基に日本の給与データを業界別にまとめたものです。

 

2016年の採用市場は、日本で活動する多くの企業にとって非常に複雑なものでした。大方の予想を覆したブレグジット、結果が最後まで見通せなかった米大統領選、減速が続く中国市場など様々な世界情勢の影響を受けました。2016年上期(1-6月)は好調だった求人件数は、下期(7-12月)には上期比でマイナス17%に落ち込み、2015年比では10%減となりました。

近年の傾向に違わず、2016年の採用の多くがリプレイスメント(欠員補充)でした。円高による欠員補充承認への影響は見られませんでした。

業界別に見ると、テクノロジー、小売、ライフサイエンス業界(製薬、医療機器、バイオテクノロジー等)などで採用は堅調で、上述した減速はあまり見られませんでした。金融業界は日銀のマイナス金利政策とその後の市場の混乱影響が強く見られましたが、第3、第4四半期決算は上々で、2017年も様々なハードルが採用市場を待ち受けていると思われますが、現段階では、今年の日本経済の見通しは明るく見えます。 

2017年給与ガイドでは、モーガンマッキンリーの日本支社にて取り扱う業界・職種における平均給与水準をご紹介します。2017年の展望と共に各職種についての論評、そして階級や経験年数、また企業規模に応じた給与表をご覧いただけます。

本給与ガイドが皆様のお役に立てればと存じます。より詳細な情報をご希望の方、また弊社の取り扱う業界・職種の給与傾向に関してご意見、ご質問などございましたら是非お問い合わせください。

Morgan McKinley 2017年給与ガイドについてより詳しい情報をお探しですか?

給与や雇用情勢に関するより詳細な情報をご希望の場合は弊社までお問い合わせください。

Lionel Kaidatzis's picture
マネジング ディレクター
lionel@morganmckinley.co.jp