金融プロフェッショナル~秋のファッションアドバイス~

投資銀行、アセットマネジメント、PE、ヘッジファンド他皆様、初めまして。コーポレイトバンキングの世界ではお馴染み、シシリア出身マルコです。ファッションに少しうるさいイタリア人と覚えて下さい。

夏が終わり、涼しい秋がやってきました。金融プロフェッショナルの皆様は如何お過ごしでしょうか。

イタリアでは服装について語るのは当たり前。特にビジネスでは、金融の世界ではファッションは基本。トランザクションバンキング、M&A, トレーダー、エクイティリサーチなど職種を問わずヘッドハンターとして、金融プロフェッショナルの方々と毎日お会いしています。(特にコーポレイトバンキング、最近ではフィンテックの皆様)

皆様の服装、お国柄かすごく気になります。日本人にお馴染み、アルマーニやグッチを生んだ国出身なもので…。

さて、私流の秋のファッションアドバイス。弊社もそうですが、夏のドレスコードがカジュアルの会社増えてますね。東京の夏、本当に暑いです。

秋の基本は男性であればスーツ、ネクタイ、シャツ、ソックス、そして革靴のコンビネーション。肌寒い日と暖かい日がある、秋のコンビネーションのポイントは秋ものコートに注目。コートの色ですが基本は上品な薄めのカラーで、中に着るものとの組み合わせに気を使いたい。スーツの色は黒かグレーで決まり。意外かもしれませんが、ネイビーは私は着ません。

白シャツはOKですが、個性を出していきましょう。濃いフレンチブルー、ピンクなどで冒険をしてみませんか。ソックスは黒、濃いグレー、濃いネイビーが基本。アーガイル柄、またビジネス用のデザイナー柄などで個性を発揮。革靴の色は黒かブラウンで決まり。濃淡、赤っぽい色など、イタリア人の私は靴にお金を使います。

カジュアルな夏の服装から難易度アップ。でも難しく考えないで下さい。ちょっとした気持ちの持ち方で大きく印象の違いが。

そして、やはり基本は清潔であること 。しわのないスーツ、のりがきいたシャツ、穴があいていないソックスと汚れていない革靴。当たり前の決まりごとを守ることができれば大丈夫。これって、おしゃれ以前のお話ですよね。『服装の印象って大事』、この気持ちを常に持って下さい。

トレードファイナンス、FXセールス、専門分野は問いません。それぞれの個性にピッタリの秋のファッションを一緒に考えます。ドレスコードのアドバイス、喜んでお手伝いします。

では又、チャオ!

Natale Marco Cottitto's picture
マネージャー | 銀行&金融, コーポレートバンキング 紹介部門
nmcottitto@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事