部下のモチベーションを引き出すための5か条

マネージャーや人事必読!職場のモチベーションを高めるための工夫とは?

社員のモチベーションは会社やチームにとって死活問題です。モチベーションが高い会社は生産性はもちろん、社員の忠誠心が高いため離職率が低い傾向にあります。更に、「働きたい会社」としてブランド力が高まるため優秀な人材が集まる、という好循環を生み出すことができます。
 
ではマネージャーとしてどうすればよいのでしょうか?社員のモチベーションを高めるための5つのポイントをご紹介します。

     1. 仕事に意味や意義、やりがいをもたせること

頼みたい仕事についてできるだけ情報を共有し、意義をきちんと説明すると質の高いアウトプットが期待できます。また、今までやったことがない仕事や少し背伸びをしたタスクを依頼するのも、生産性やモチベーションの向上につながります。新しいタスクがあると、繰り返しばかりでつまらないというネガティブな気持ちが生まれにくくなりますし、難しいタスクにチャレンジしてほしいと言われると部下は「自分は期待されている」と感じるものです。一方、能力を活かせていないと感じる社員は転職を考えるようになります。当社の調査では、スキルを活かせていないと感じることが転職動機のトップ3に入っています。(※英文のみ)

     2. 部下が充実した人生を送れるようサポートすること

人生、というと大げさなようですが、「人間は絶えず自己実現や成長を求める生き物である」とした有名な心理学者マズローの説を信じるならば、部下の人生に関心を示すことはマネージャーの大切な仕事のひとつだと言えます。マズローによれば、人間の欲求はピラミッド構造をしており、基底部から順番に①衣食住などの生理的な欲求、②健康や経済的な安全・安定に対する欲求、③仲間を求める集団所属の欲求、④周りに認められたいという承認・尊厳の欲求、そして⑤自分らしくありたいという自己実現の欲求という5段階に分けられるそうです。
 
上司としてこのような欲求の充足を応援するためには、部下の貢献を認め、励まし、必要なサポートをしてあげるのが効果的でしょう。欲求が満ち足りた社員は、(少なくとも理論的には)モチベーションが高いハッピーな社員になるはずです。

     3. 成果や貢献を認めること

自己実現の欲求とも関連しますが、成果に見合った昇給・昇格、褒賞もモチベーションの向上につながります。努力や貢献を認めてもらった社員は、この仕事でいいんだ、という安心感を感じ、もっとがんばろうという気持ちになります。前出の当社の調査では、褒賞制度が転職の決め手になる場合も多いことがわかっています。(※英文のみ)

    4. 適正な給与を支払うこと

いうまでもなく、お金はモチベーションの向上に効果的です。但し、仕事に対する報酬が少なすぎる場合はもちろん、多すぎても生産性に影響することがわかっています。ヤーキーズ・ドッドソンの法則によれば、給与が少ないと部下が不満を感じる原因になります。また多すぎても、お金ばかり気になって仕事がおろそかになる傾向が見られるそうです。賞与や褒賞の指標となるKPIもモチベーションや生産性の管理に役立ちます。また、業界の平均給与をしっかり把握しておくことも大切です。

   5. 良質な会社風土を醸成すること

会社にしっかりとした文化が根付いていると、社員が所属意識を持ちやすくなります。1~4までをすべて達成しても、社員同士の不和や争いが絶えない職場は理想的とは言えません。チームワークを奨励する雰囲気があれば、事務手続きも簡略化できますし、管理過剰なマネージャーや情報の隠蔽といった問題の発生も防げます。また、自分の意見が尊重されることがわかれば、社員が発言しやすくなり、新たなビジネスアイディアが生まれる可能性も高まります。
 

現在、人材を募集されている企業様

こちらからご連絡ください

人材採用に関する情報をお求めの企業様、その他ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

Steven Howden's picture
マネージャー | 銀行&金融 紹介部門
showden@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事