転職を成功に導くレジュメの書き方

転職を成功させ、新しい職場で心機一転新しい挑戦に全力で臨んだり、新しい仲間と出会ったりと想像するだけでやる気がみなぎりますね。しかし皆さんもご存知のように、そこに至るまでにはいろいろな努力をしなければなりません。

転職を成功させるには固い決心やモチベーションなどの心構えも大切ですがそれと同様に様々な準備と労力が必要となってきます。転職を決意したのなら、次は採用担当者、つまり未来の雇用者を説得する準備に取り掛かりましょう。

当たり前ではありますが、転職活動はレジュメなしでは始まりません。
自己をアピールするための強力なレジュメの用意が必要不可欠となってきます。レジュメの内容は応募するポジションに対してあなたが最適任者である事とあなたの意気込み・モチベーションが効果的に表現されたものでなければなりません。
 

さて、レジュメに取り掛かる前にまず自分自身を深く理解することから始めましょう。第一に転職の理由を再確認します。「どうして転職したいのか?」と自分に問いかけてみてください。このプロセスを見落としてしまうと、転職後、また同じような理由で転職をしたいと思うようになるかもしれません。
 
例えばあなたが、現在開発担当者で、プロジェクトマネージャーの仕事に応募したいと考えていたり、テクニカルサポートの担当で社内ITチームへの移動を希望していたとします。それを望む理由はなんですか。年収アップ?もっとワークライフバランスが欲しい?それとも新天地で新しい生活を始めたい?あなたが転職を通して真に手に入れたいものは何でしょう。

次に実際にレジュメを作るプロセスに入ります。

成功するレジュメを書くための秘訣は、あなたのキャリアステップが理にかなったもので雇用主が「あなたにチャンスを与えても良い」と納得できる十分な理由を説明することです。
以下に転職コンサルタントとして皆様にお伝えできるアドバイスをまとめてみました。
 

  • 業界についてのリサーチを行い、今何が求められているかを確認しましょう。その上で、自身のスキルや資格がどのように企業に貢献できるかをリストアップしましょう。
     
  • 同様の職務についている人や同じような転職経験を持つ人に話を聞いてみましょう。それを参考に、これまで積み上げてきたスキルや経験がどのようにあなたが応募するポジションで活かせるかを説明しましょう。
     
  • レジュメの冒頭(名前や個人情報の下)ではあなたのキャリアパスについて簡潔明瞭に述べましょう。実際の面接ではこの内容について詳しい説明をする事になるので、そのことも考慮したうえで準備します。
     

 
以上、転職を成功に導くレジュメの書き方を簡単に紹介させていただきましたが、より詳しいアドバイス、転職についての質問やご相談等をご希望の方がございましたらお気軽にモーガンマッキンリーIT担当コンサルタントまでご連絡ください。
LINEでのお問い合わせもお待ちしております。

 

Click on "LINE" 「友だち追加」below If you are on smartphone

友だち追加

Or read QR code below and add

 

You can also add us by searching our ID code
LINE@ID@kxk0885s
Ji Youn Yoo's picture
コンサルタント |IT紹介部門
jyyoo@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事