経理ってどんな仕事?

アカウンタントの日常業務からFP&Aアナリストとの違い、キャリアアップの方法、気になるUSCPAのメリットまで、基本をずばり解説します!

お金はビジネスの基本です。事業を営む以上はその管理をしなければなりません。その務めを担うのがアカウンタントです。活躍の場は企業の経理財務部や会計事務所、経理代行会社など様々ですが、世の中に会社がある限り、アカウンタントが要らなくなることはおそらくないでしょう。分析力、マルチタスク能力、締切を厳守できる時間管理能力などが求められると言われていますが、具体的にどんな仕事なのでしょうか。

アカウンタントの仕事とは?

アカウンタントは会社のお金の流れを把握し、財務状態を健全に保つために様々な働きをします。数字やデータをチェックしたり、財務諸表を作成したり監査したりといった業務が代表的です。基本的には決算の締日に合わせて、様々なタスクをこなしていきます。 

【アカウンタントの主な業務】

  • 伝票の起票、仕訳
  • 総勘定元帳(GL)の管理
  • 月次・年次の財務報告書の作成
  • 税務申告
  • 税法改正の対応
  • 財務諸表の作成:貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー表(CF)
  • 各種取引の記録
  • 会社業績の報告
  • 請求書の発行
  • 給与計算(ペイロール)
  • 財務状況の記録、報告
  • 売掛金の回収
  • 買掛金の支払
  • 売掛金・買掛金の管理
  • 銀行勘定の調整
  • 予算編成
  • 経営判断のサポート
  • 財務報告書作成のスケジュール管理
  • 帳簿や経理プロセスのコンプライアンスチェック
  • 財務データの分析、矛盾の解消・整合性の確保
  • 外部監査法人とのやりとり
  • 会計基準への対応(USGAAP、IFRSなど)
  • 経費節減、利益率改善のための創意工夫

アカウンタントの種類

ひと口に経理といってもその業務範囲は広範にわたるため、大手企業ではチーム体制を敷いている場合もあります。(税務課、管理会計課、財務会計課など)小規模な会社では、少人数で全ての業務をカバーする場合もあれば、一部を外部委託しているケースもあります。

【特定業務に特化したアカウンタントの種類】

  • 管理会計(management accountant):将来的な財務状況や、予算の達成状況の予測など、会社の「これから」に関わる数字を扱います。また、こうした情報を関係部署に報告したり、財務状況を改善するための企画や提案を行ったりもします。管理会計が提示した見解は経営判断の基礎となる大切なものなので、会計だけでなく財務や経営の素養も求められます。
  • 財務会計(financial accountant):既に確定した数字をベースに、損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CF)といった財務諸表を作成します。
  • 税務会計(tax accountant):税務申告や節税対策などを担います。税法の改正があれば、新しいルールに対応するのも大切な仕事です。
  • 原価計算(cost accountant):製品やサービスの製造/提供にかかる原価を計算します。こうして算出された数字を元に予算を編成したり、利益率に応じた営業戦略をたてたりします。部品の調達や製造工程が複雑な自動車などのメーカーでは原価の揺れが経営に大きな影響を与えるため、特に重要になるポジションです。

アカウンタントとFP&Aアナリストの違いは?

会社によって役割や呼称が異なりますが、原則的には過去の数字を扱うのがアカウンタント、未来の数字を扱うのがFP&Aアナリストと考えていいでしょう。アカウンタントの仕事は既に完結した取引を正確に記録し報告をまとめ、売上に対して適切な税額を計算することです。対するFP&Aアナリストは、会社の業績をよくするために今後どのような取引をすべきかを考えたり、データ分析を通して傾向を予測したり、的確な投資判断を助けたりする役割を担います。 

キャリアアップの道は?

近年では英語ができる経理財務のプロフェッショナルの需要が高まっているため、日系・外資系を問わず国際的な企業で活躍したい方は英語などの語学力を磨くといいでしょう。業界経験のあるなしで差がつく場合もあるので、馴染みのある業界で上を目指すのもキャリアアップの近道です。公認会計士やUSCPA、ACCA、MBAなどの資格で弾みをつけるのも一案です。業界によっては特定のスキルが武器になる場合もあります。(自動車業界における原価計算経験など)また、SAPや大手ERPなどのソフトウェアを使いこなせる人材も重宝されます。 

【USCPAについて】
米国公認会計士(US Certified Public Accountant):その名の通り、アメリカの公認会計士資格で、日本を含め国際的にも認知度が高い資格です。USCPAになるには一定の学歴条件を満たし、CPA試験に合格した上で、規定の実務経験を積まなければなりません。試験科目は①FAR(Financial Accounting and Reporting;財務会計)、②REG(Regulations;諸法規)、③AUD(Audit and Attestation;監査及び証明業務)、④BEC(Business Environment and Concepts ;ビジネス環境及び諸概念)の4つです。受験費用を一部負担してくれたり、勉強のための時間を有給扱いにしてくれたり、合格するとボーナスがもらえる企業もありますが、勉強には時間がかかるため、合格を目指すなら相応の覚悟をすべきです。しかしマネージャークラスになると、CPA保有者とそうでない人とで給与に差が出てきます。大手企業のCFOでもCPAを持っていない人もいますが、資格があればより多くの道が開けてくることは間違いないでしょう。

経理財務の求人情報を検索

最新求人一覧

このように経理財務にはいろいろな仕事があり、様々なキャリアパスが考えられます。アカウンタントとして徐々に実績を積むのもいいですし、アカウンタントからFP&Aアナリストに転向しても経験の幅を広げることができます。現在多くの企業で経理財務の求人が出ている売り手市場ですので、これを機にキャリアアップを狙ってみてはいかがでしょうか。

経理財務のキャリアでお悩みの方はお気軽に当社までご相談ください。また、経理財務が未経験の方のサポートもさせていただきます。

Amanda Lee's picture
アソシエイトコンサルタント | 経理・財務紹介部門
alee@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事