海外バンカーを案内したい東京の観光スポット

熊沢 義喜 06 Aug 2019

東京の金融業界は非常に国際的です。 日系、外資系を問わず海外からのバンカーによる訪問が日常的に行われています。

勿論ビジネスが目的で来日するのですから、主要訪問地は都内の金融機関所在地が中心となります。丸の内、大手町、日本橋、六本木、溜池山王、赤坂が代表的と言えるでしょう。

海外バンカーが拠点とするホテルで人気があるのは以下の通りです。

  • 丸の内ホテル
  • 東京ステーションホテル
  • パレスホテル東京
  • アマン東京
  • 帝国ホテル
  • マンダリンオリエンタル東京
  • コンラッド東京
  • ザ・キャピトルホテル東京
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京
  • グランドハイアット東京

ビジネスが目的の滞在とはいえ、日本の名所を訪問されたい海外バンカーは多いはずです。京都、広島、長崎などは海外でも著名な日本の名所ですが、限られた来日日程での遠出はなかなか難しいものです。滞在先のホテルから気軽に行ける利便性が重要なポイントとなってきます。

そこで今回は、東京都内で海外バンカーを案内したい具体的なお薦めスポットをご紹介します。

渋谷スクランブル交差点

世界で最も忙しく、世界で最も有名だと言われている交差点。
1回の青信号で交差点を渡る人は多い時では3000人と言われており、そのユニークな風景は圧巻の一言に尽きます。ニューヨーク、ロンドンといった海外の大都市であっても同様の光景はなかなか無いかと思います。 

渋谷スクランブル交差点が海外で脚光を浴びるようになったのは比較的最近のことです。2003年に公開されたビル・マーレイとスカーレット・ヨハンソン主演の映画「ロスト・イン・トランスレーション」のロケ地であったことがきっかけとも言われています。それ以降は多くの海外映画のロケ地として登場しています。また、海外の観光ガイドでも多々紹介されており、訪日観光客には超有名な観光スポットとして知られています。都心の中心にありアクセスも良く、費用がかからず楽しめる点も人気の一つです。

東京スカイツリー

東京を代表する観光スポットの中で、2012年に登場した一番新しい名所です。
高層ビルが比較的少ない東京東部で、一際高さが目立つタワー。展望台からはお台場方面、東京ディズニーランド方面を見渡すことができます。都内の同様の施設では、東京タワーと双璧をなします。

世界一の電波塔として海外でも話題性があり、浅草から近いロケーションにあるため、訪れる訪日観光客は多いです。

浅草

東京都内において「日本らしさ」を満喫できる訪日観光客のほとんどが訪れる名所です。
2018年の統計では830万人もの訪日観光客が訪問しました。多言語対応などのインバウンド対策を推進しており、年々訪問者数は増加の傾向にあります。江戸時代から受継がれる下町情緒あふれる街並みは、徒歩で散策が楽しめます。また、人力車や水上バスもあり、移動手段も魅力的です。

伝統のある神社や寺が集積しており、日本の伝統的文化に触れられることから多くの訪日観光客に支持を集めています。30分程度で散策できる範囲には、全国でも(そして海外でも)著名な名所が存在します。海外からの観光客に特に人気があるのが浅草寺、雷門、仲見世通り、浅草神社、浅草花やしき及びホッピー通りです。

東京湾クルーズ

東京にはフレンチが楽しめるディナークルーズ、宴会もできる納涼船など、様々なタイプのクルーズが存在します。また、お花見、花火大会、クリスマス、初日の出など様々な用途でもクルーズが利用されます。

今回ご紹介するのは東京都観光汽船が運営する「水上バス・東京湾クルーズ」。水上バスで隅田川及び東京湾の景観を楽しめる、浅草、浜離宮、日の出桟橋、お台場海浜公園、東京ビッグサイト、パレットタウン、豊洲などを結ぶ公共交通機関です。公共交通機関ならではの気軽さとコストパフォーマンスの良さが最大の魅力です。四季に応じて東京の違う顔が見れる、何度でも楽しめる観光スポットとなっています。

皇居

訪日観光客の東京観光の定番スポット。
その歴史的価値及び景観は多くの観光客から絶大な支持を集めています。皇居及びその周辺は東京ドーム25個分といわれる広大な敷地であり、見所も多いです。
代表的な観光スポットとしては、皇居外苑では「二重橋」「桜田門」「楠正成像」及び「和田倉噴水公園」、皇居東御苑では「大手門」「天守台」及び「北桔橋門」、その他「北の丸公園」などがあげられます。

皇居は周辺のランニングコースとしても高い人気を誇っています。

新宿ゴールデン街

戦時中の闇市に端を発し、新宿区歌舞伎町1丁目にあるディープな場末の盛り場として知られています。
古くから小説家など文化人が集うことで有名な、東京におけるサブカルチャーの発信地とも言われています。昭和の香りが残るレトロな街並みが注目され、外国人観光客が訪れる人気スポットの一つです。物価の高い東京で、気軽にナイトライフが楽しめる飲食街として近年訪問者数が増加しています。

有楽町ガード下

JR有楽町駅からJR新橋駅までのガード下に連なる飲食店街。
多くの金融機関が拠点とする丸の内、大手町、日本橋などから至近距離にあり、アクセスが良いです。レトロで庶民的な店が多く、気軽に日本人サラリーマンと交流できる点も人気です。海外ガイドブックにも紹介される事例が多く、近年は観光スポット化としています。

六本木ヒルズ

地下鉄六本木駅に隣接した複合商業施設。
食事、映画、ショッピング、美術館及び展望台などがあり、幅広い幅広いニーズに対応しています。

オフィスビルもあり、投資銀行、ヘッジファンドなど複数金融機関の拠点があります。訪日観光客の買い物スポット1位と言われるほど、英語でのコミュニケーションがまったく問題ない場所であり、使い勝手が良いです。また、六本木はレストラン、クラブなどのナイトライフも充実していることから人気の高い場所となっております。

銀座

日本を代表する繁華街であり、一流のショッピングストリート。
国内及び海外の有名ブランド店、デパート、高級レストランなどがしのぎを削っています。利便性の高いロケーションから訪日観光客が非常に多いです。丸の内、大手町、日本橋からは徒歩圏内であり、海外バンカーからも高い支持を集めています。築地市場、日本橋、月島といった他観光スポットも同じ中央区内にあり、銀座からのアクセスも良いのでおすすめです。 

原宿竹下通り

原宿駅から明治通りにかけて伸びる商店街。
個性的な若者向けファッションを扱う店が多く、特に女性客からの支持が多いです。日本の「Kawaii」文化は海外にも広がっており、カメラ片手に訪れる海外観光客で賑わっています。訪日観光客が評した「日本でクールな観光スポット1位」とも言われています。

以上、海外バンカーを案内したい東京の観光スポットをいくつかリストアップいたしました。是非ご参考いただければ幸いです。

概要をご紹介させて頂いた上記以外でも、都心から出やすい観光スポットはいくつもあります。上野公園地域、新宿御苑、東京タワー、浜離宮、お台場、新宿副都心地域、歌舞伎町、六本木、西麻布があげられます。また、週末に少し遠出する余裕がある海外バンカーには高尾山、東京ディズニーランドなどが人気です。中野、高円寺、秋葉原、下北沢といったサブカルチャーで知られる街を訪れる人も多いです。

具体的なアイディア、より詳しい情報をお求めの方は是非お気軽にお問合せ下さい。

Yoshiki Kumazawa's picture
シニアマネージャー | 銀行&金融, フロントオフィス 紹介部門
ykumazawa@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事