明るい社風を育むための8つの手法

ブレンダン・ウォルシュ October 3, 2019目安: 1分

明るい社風はビジネスにも非常によい影響をもたらします。

企業文化に影響を与える要因はたくさん考えられます。業界にもそれぞれの文化があり、金融、コンサルティング、ITやメーカーでは雰囲気が異なります。興味のある方はこちらの記事をご参照ください。(※英文のみ)

また、当社では企業風土を改善するために画期的な取り組みを行っている会社についてもリサーチをしました。詳細についてはこちらの記事をどうぞ。(※英文のみ)

明るい企業風土を育てるにはどうすればいいか、8つの手法をご紹介します。

1. プロセスを標準化する

タスクの進め方を共有してスタンダードなやり方を確立すれば作業時間を短縮し、矛盾や質問の手間をなくすことができます。

2. 「利益」よりも「人」を優先する

会社文化には明確な目的が必要です。そしてその目的は社員全員に周知しなければいけません。特に上に立つ者は、会社文化を率先して守らなければいけません。

3. 今あるものを発展させる

企業理念を大切にしましょう。「こうあるべきだ」という独りよがりの解釈に基づいて文化を強要してはいけません。

4. 文化を伝える

中核にある理念を解説したガイドラインがあると、社員の間で企業文化についての意識を高め、社員としてどう行動すべきかを伝えるのに役立ちます。

5. オフィススペースの演出

社員同士のコラボレーションの邪魔になるような壁やドアは取り除いてしまうのも効果的です。廊下や、通路が交わるポイント、ロビー、休憩室なども活用しましょう。

6. 人を助けた社員を表彰する

人を思いやる、助け合うという共通の価値がただのスローガンで終わらない文化をつくりましょう。

7. 柔軟な勤務制度を設ける

在宅勤務やフレックスタイムなどを認めることで、お互いを信用するポジティブな雰囲気が生まれ、モラルが向上します。

8. 社員同士の交流を育む

社会的に「つながっている」という感覚を得ることで従業員の満足度が高まり、仕事へのエンゲージメントが向上します。

記事に関するご意見、その他ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

Brendan Walsh's picture
アソシエイトディレクター | 人事、経理・財務 紹介部門
bwalsh@morganmckinley.com

最新の 求人

経理財務&税務のチームを統括していただきます。アンビシャスな方のご応募をお待ちしています!
東京03.04.2020
非常に評判の高いグローバル企業です。キャリアを次のステップに進めたい方に。
東京02.04.2020
Analyst〜AVP募集。フロントのオーバーサイトを担当する国際的&経験豊富なチームです。
東京31.03.2020