応募書類の山に埋もれないレジュメ

一件の求人に626人が応募

カナダ最大の全国紙が、最近発表した「カナダのトップ100企業2015」では、多くの企業の従業員数、平均年齢、スタッフのボランティア参加時間、初期の付与休暇日数といった統計数値を総合的に見ることができます。

その中で私が最も興味深かったのは昨年度の求人数に対する応募数を開示していた企業があったことです。トップ100企業のうち18社は、トータルで17,957の求人に対して859,362の応募があったということです。平均すると一つの求人に48人が応募したことになります。

最も競争率が高かったのはThomson Reutersの事業部Carswellのもので、去年はトータル79の求人に対して49,432人の応募があり、一つの求人に626の応募があったことになります。

 

まずは、このような競争率の高い、膨大な応募数の中で、応募書類が埋もれないこと、採用に影響力のある人の目にとまる応募書類を作り、面接に呼ばれることが転職活動の第一歩です。

 

応募記録システムに通るレジメを作る

Applicant Tracking Systems(ATS)をご存知ですか?レジュメを読むロボットで、人間が見るレジメの数を減らすために使われています。ATSソフトは見やすくフォーマットされた書類を好みます。影をつけたり、下線を引いたり、グラフ、囲み、ヘッダ・フッタなどはスキャンの妨げになるので避けましょう。

個人のブランドをはっきり打ち出すーあなたが特別である理由は?

レジュメは、あなた自身ではありません。あなたが「採用マネージャーの問題を、いかに解決できるか」を示すものです。古い目標や記述を、インパクトのある15-21語で書き直しましょう。

 

職務や責任ではなくキャリアの実績を強調する

どうやって売上を上げたか、新規売上の流れを作ったか、顧客からの基本収入を上げたか、再び競争の優位性を取り戻したか、新製品を売り出したか。その他、数値化できる事実で読み手を引き付け、あなたについて”もっと知りたい”と思うようにするのです。応募書類の海の底に沈まないことが大事です。

効果的な応募書類の作成については、お気軽にお問い合わせください。

Brendan Walsh's picture
アソシエイトディレクター | 人事、経理・財務 紹介部門
bwalsh@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事