バレンタインの準備はできていますか?

森本 桃多 13 Feb 2018

2018年始まり大雪が降ったりと色々ありましたが、もう2月半ばです。時間が経つのは早いものですね。

2月と言えばバレンタインのシーズンです!日本ではバレンタインイコール『女性が男性にチョコレートをあげる日』と言うイメージが強いですが、実は海外では男性が女性にお花をあげたりするのが主流のようです。日本チョコレートココア業界の記事によると、もともと日本のチョコレートの文化が広まったのは、1960年に森永製菓社がマーケティング/PR活動してからみたいです。やはりマーケティングの力ってすごいですね!
近年では食品業界のみでなく、幅広い業界でバレンタイングッズを出されていたみたいなので、本日はそちらについてご紹介させて頂きます。
 
Godiva社
『自分へのご褒美』でおなじみのゴディバさんですが、やはり今年もバレンタイングッズを既に出されています。ジュエリーハートボックス(2104円 – 4104円)というハート形の入れ物のコレクションから、ラッピングチョコレート(345 円 – 845 円)というお手頃なチョコレートのコレクションまで幅広く出されています。
 
Mars社
M&Mのブランドで2017年にバレンタインおよびホワイトデー限定のカラフルボトルを出されていました。M&Mのキャラクターが上に乗っているとても立体感があるデザインになっており、食べ終わった後も部屋に飾っておけるデザインになっていました。
 
Swatch社
Swatch社より今年はHearty LoveやFlEURIEといったバレンタイン限定モデル(7560円-23220円)の時計を出されております。
ハート柄のものや、ピンクや赤の色を使ったバレンタインならではのとてもかわいいデザインとなっております。
 
Asics社
2015年にAsics Gel Lyte Valentine’s Dayというスニーカーを出されていました。赤一色に、チョコレートソースをかけたようなインソールはとてもかっこいいデザインになっています。
 
バレンタインまであとわずかですが、 今年は色々な消費材の会社さんがどういったバレンタイン関連の製品を出されるのか注目されてみてはいかがでしょうか。

Tohta Morimoto's picture
コンサルタント | セールス&マーケティング 紹介部門
tmorimoto@morganmckinley.co.jp

業界動向と最新記事