2016年 給与ガイド

2016年 給与ガイド


昨年、日本では多くの企業にとって採用が活発化した1年でした。求人数は2014年と比較をしても僅かではありますが、増加しました。求職者数に至っては33.5%増と驚きの数字がみられました。これは雇用市場に自信を強めた表れである感じます。ほとんどの採用は人員交代によるもので、人材の流動がもたらした結果です。


金融機関においては限定的ではあるが、成長の兆しが見えました。円安、楽観的な経済の見通し、そして監督機関からの間接的なプレッシャーの組み合わせにより、オフショアされたサポート部門、オペレーション部門の機能を日本へ回帰する企業が出てきました。


また、2015年は経理部門のアウトソーシング、コンサルティングファームにおいては積極的な成長戦略を追求する動きが見受けられました。この傾向は今後も続くと考えられます。


事業法人においては対照的な動きがみられました。再生可能エネルギーおよび高級ブランド業界において雇用の伸びが好調でした。一方で半導体、電機、自動車業界において雇用は安定または低調でした。医療機器、ライフサイエンス、製薬業界における雇用は変わらず好調でした。


2016年にかけて、不安定な金融市場にも関わらず、求人数に至っては弊社取扱い職種・業界においては一定の水準を保ちました。


2016年給与ガイドでは2016年の展望と共に各職種についての論評、そして階級や企業規模に応じた給与表をご覧いただけます。


弊社の取り扱い職種の給与報酬の傾向に関してご参考となれば幸いです。また、ご意見、ご質問などがございましたら是非お問い合わせください。

Lionel Kaidatzis
ライオネル キィデァゼス
Managing Director
Morgan McKinley Japan
 
Telephone: +813 4550 6570

 

Morgan McKinley 2016年給与ガイドについて

給与や雇用情勢に関するより詳細な情報をご希望の場合は弊社までお問い合わせください。

過去の給与ガイド一覧