香港で働く

多様な文化が融合する香港は、アジア太平洋地域における国際ビジネスの玄関口となっています。ビジネスで使用される主要言語は英語であり、世界のプロフェッショナルが魅力的な労働環境を求めてこの国際都市に集まってきます。香港または中国での就職をお考えであれば、Morgan McKinleyはその決断を後押しするさまざまな情報を提供することが可能です。
 
Morgan McKinleyの専門コンサルタントは、海外への就職・転職にかかわるアドバイスやガイダンスを提供しています。コンサルタントは国際的なリクルーティングのスペシャリストであり、香港での就労に関してあなたからの質問にお答えするとともに、あなたに役立つさまざまなアドバイスを提供いたします。
 

香港の基本情報

  • 香港の人口は約700万人です。
  • 亜熱帯気候に属し、年間を通じて湿潤な気候です。
  • 最も広く使われている言語は中国語と英語で、労働人口の大多数がバイリンガルです。母語として広東語と北京語が話されています。
  • 香港の通貨は香港ドル(HKD)です。香港を除く中国全域では人民元(CNY)が使用されています。
  • 1週間の労働時間は比較的長く、50時間を超えることも稀ではありません。

ビザおよび納税義務について

香港で就労するには、就労ビザをはじめ、各種身分証明書や申請書など、数多くの書類が必要となります。ビザ要件の詳細は、中華人民共和国駐日本国大使館のウェブサイトでご確認ください。
 
上記の書類同様、香港での就労に欠かせないのが労働許可証と香港政府発行の身分証明書(香港IDカード)です。香港IDカードは、人民登録条例(Registration of Persons Ordinance)により、常時携帯することが義務付けられています。香港IDカード保持者は、交通機関や公共サービスの利用時に特典を受けることができます。