日本の生活と転職事情

日本での求職・生活情報

日本は、他の多くの国とは異なる文化を持つ、多様性に富んだ国です。その独特な生活様式は、これまでのキャリアとはまったく違う何かを求める人々にとって日本は魅力的な国であるのではないでしょうか。東京や大阪など日本の都市部への転職を考えているのであれば、これからの楽しいチャレンジに向けて準備を整えておくことが重要です。

日本への転職を考えている方は、インターナショナルに展開するMorgan McKinleyの専門コンサルタントにぜひご相談ください。日本をはじめ、世界のさまざまな都市で仕事をするための準備をサポートします。お気軽にご連絡ください。

日本の基本情報

  • 日本は、太平洋に浮かぶ列島です。
  • 3000を超える島で構成され、そのうち面積が大きく、最も人口の多い四島が北海道、九州、本州、四国です。
  • 人口は約1億2700万人で、東京都市圏の人口は約3,400万人です。
  • 通貨は円です。
  • 日本文化は非常に多様性に富んでおり、豊かな歴史と圧倒的な近代性が混在しています。
  • 日本人の労働倫理の高さは世界的に有名です。時間に正確で、勤勉で、自分の仕事に誇りを持ち、まじめに努力するといった特性が高く評価されています。
  • 日本の通常の労働時間は平日の午前9時から午後5時ですが、始業時間よりも早く出勤する(中には1時間も早く出勤する人もいます)、就業時間を過ぎても職場に残って仕事をするといった習慣は、会社や同僚への敬意を示すものとされています。
  • 日本語は日本の母語であり、主要言語です。英語は学校で必修となっていますが、熟達度は人によって大きく異なります。日本語の日常会話を学習しておくと、新しい環境(生活・職場)に早く溶け込むのに役立ちます。
  • 日本の労働慣行について事前について学んでおくと、職場にも溶け込みやすく、社会生活上のトラブルを避けることができます。

ビザおよび納税義務について

他の国を旅行する場合と同様、日本に入国するには有効なパスポートが必要です。また、日本からの出国や帰国の予定を証明するもの、あるいは長期滞在のための資金の裏づけがあることを証明するものを提示する必要があります。日本へのビザ取得要件に関する詳細は、お住まいの国の日本大使館にお問い合わせください。