中国で働く

中華人民共和国はアメリカに次ぐ世界第2位の経済大国です。過去30年間の経済成長率は平均10%と、世界で最も急速に成長している経済大国であり、業界を問わず海外で働きたいプロフェッショナルたちが勤務地として第一候補に挙げる国でもあります。

中国への転職をお考えの方は、Morgan McKinleyの専門コンサルタントにご相談ください。海外への就職・転職にかかわる豊富な専門知識を持つコンサルタントが、中国での就労に関する質問にお答えし、必要なアドバイスを提供いたします。

中国の基本情報

  • 通貨は人民元です。人民元はよくRMB(¥)と略されます。ほとんどのホテルや観光客向けのお店ではクレジットカードが使用できます。
  • 首都は北京で、人口は約1740万人です。金融や貿易の中心は上海で、人口は約1380万人です。
  • 総面積世界第3位という広大な国土を持ち、地域によって気候が大きく異なります。南部は亜熱帯、北部は亜寒帯に属します。
  • 主要言語は北京語です。労働人口のうち、かなり多くの人が中国語のほか、英語も話すことができます。
  • 通常の就業時間は月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時30分までです。

ビザについて

他の国を旅行する場合と同様、中国に入国するには有効なパスポートが必要です。また、中国からの出国や帰国の予定を証明するもの、あるいは長期滞在のための資金の裏づけがあることを証明するものを提示する必要があります。中国へのビザ取得要件に関する詳細は、お住まいの国の中国大使館のウェブサイトをご覧ください。