フランスで働く

フランスは世界中の金融プロフェッショナルにとって人気の高い居住地かつ勤務地です。Morgan McKinleyは、国際的な人材コンサルティングのスペシャリストとして、フランスへの渡航前にさまざまなアドバイスを提供することはもちろん、渡航後にはパリ オフィスを通じて皆様をサポートいたします。
 
フランスの基本情報
 
  • 通貨:ユーロ(1ユーロ = 100セント)
  • 人口: 62,600,000人
  • 主要輸出品目:機械及び輸送設備、ワインを含む農産物
  • 世界で最も海外からの訪問者数が多いフランスは(年間7,500万人以上)、観光産業の収益が世界で3番目に多い国でもあります。
  • 国境: アンドラ、ベルギー、ドイツ、イタリア、ルクセンブルク、モナコ公国、スペイン、スイス
  • フランスでは週35時間労働が義務付けられています。
  • フランス主要産業(電気通信、鉄道、航空、電力・ガス事業)は、民営化の動きがあるものの、国営企業による独占状態が続いています。

ビザについて

EU加盟国の国民には、フランスでの労働許可が自動的に付与されます。非EU市民は労働許可申請を行う必要があり、申請条件には滞在許可証(Carte de Séjour)もしくはワーキングホリデービザ及び雇用証明書の提出が含まれます。国内の失業者数の増加を理由に労働許可申請が拒否される場合もあります。ビザ要件の詳細は、フランス大使館のウェブサイトでご確認ください。