PE及びヘッジファンドへの転職

Yoshiki Kumazawa 12 Nov 2018

「バイサイドへ是非転職をしたい」、「現在のキャリアからのステップアップとして、投資プロフェッショナルを目指したい」など、ヘッドハンターとして、多くのご相談を受けています。

希望者は非常に多いですが、PE及びヘッジファンド転職のチャンスはそう多くありません。いずれも少数精鋭で、求人数も限られています。

限られたチャンスを最大限に活かすには、自問自答が必要です。

ご自身のバックグラウンドを最大限に活かせるチャンスは何か?

  • PE及びヘッジファンドを目指すプロフェッショナルの主なバックグラウンドは
  • 投資銀行業務(IBD)出身
  • 戦略コンサルタント出身
  • エクイティリサーチ出身
  • その他

 

PE VS ヘッジファンド:相性が良いバックグラウンドは何か。ケースバイケースで検討してみましょう。

投資銀行業務(IBD)出身

PE及びヘッジファンドへの転職で、いずれも可能性が高い

PEへの転職

  • 特にPEにおいては投資銀行業務(IBD)出身が多数を占めている
  • IBDを通じた得たスキルがPEで使用されるLBOモデリングへの汎用性が高く、案件のエクスキューション能力に関して、即戦力として採用されるケースが多い
  • PEへの転職ではジュニアポジション及びシニアポジションでの移籍が可能

ヘッジファンドへの転職

  • ジュニアとして採用されるケースが大半
  • 実際に運用を行う投資プロフェッショナル(PM)レベルではヘッジファンドにおける経験は必須
  • 例外は機関投資家対応、日本オフィスの統括などシニアレベル(グレーヘアー)採用

 
戦略コンサルタント出身

PEへの転職可能性は高いが、ヘッジファンドは可能性が低い

PEへの転職

  • 投資銀行業務(IBD)出身に準ずる主流派を形成
  • 戦略コンサルタントを通じた得たスキルがPEにおけるバリューアップ業務への汎用性が高く、企業価値向上案の立案能力に関して、即戦力として採用されるケースが多い
  • ジュニアポジション及びシニアポジションでの移籍が可能

ヘッジファンドへの転職

  • ポテンシャル採用として検討されるケースもあり
  • 金融業界出身に比べて不利


エクイティリサーチ出身

PEへの転職可能性は低いが、ヘッジファンドは可能性が高い

PEへの転職

  • PEにおいては少数派
  • エクイティリサーチを通じた得たファイナンシャルスキルとPEで使用されるLBOモデリングは異なり、高い評価を得られないケースが多い
  • PEへの移籍例は限定的

ヘッジファンドへの転職

  • ヘッジファンドにおいては主流派
  • 入口のインベストメントアナリスト採用で圧倒的に有利なのは、エクイティリサーチ。類似業務の経験があり、即戦力として計算される

 
その他

エクイティトレーダー、投資銀行スペシャルシチュエーション部門、商社出身
 
PEにおける移籍事例

  • 投資銀行スペシャルシチュエーション部門及び商社出身が一定数いる
  • スペシャルシチュエーション(マーチャントバンキング)における自己勘定取引経験者は;
  • 扱った商品及び経験レベルによりますが投資業務経験が評価される
  • 商社における事業投資経験者も同様

ヘッジファンドにおける移籍事例

  • エクイティにおけるプロップトレーダー(自己勘定取引)出身はPMに一定数いる
  • スペシャルシチュエーション(マーチャントバンキング)出身もいる

 
ここで改めて、強調したいのが、限られたチャンスを最大限に活かすには、自問自答が必要です。

ご自身の志向する投資スタイルを最大限に活かせるチャンスは何か?

  • 海外志向
  • 国内志向
  • ハイリスク・ハイリターン
  • 長期でリターンを目指す

 
海外志向

  • ヘッジファンドをお薦め
  • 多くのヘッジファンドは税制及び投資規制上の観点から日本拠点を持っておらず、香港及びシンガポールに対日投資関連のヘッジファンドが集中している
  • ロンドンにおいても日本投資関連のヘッジファンド有り
  • 相当数の日本人プロフェッショナルが海外にて活躍中
  • 市場における流動性の高い商品に投資しているケースが主流であり、ヘッジファンドが必ずしも国内拠点が必要でない点も大きな要因

国内志向

  • PEをお薦め
  • プライベートエクイティの世界では、現地主義の考え方が基本
  • 例えば外資系PEでも日本投資を行う場合、投資候補先、そして既存投資先と日常的に密接な関係が築くことが重要な為、日本国内の拠点に勤務するのが一般的
  • バイアウト投資は市場を介さない相対取引が主流であり、国内の物理的に近い距離に拠点を設けるメリットは大きい

ハイリスク・ハイリターン

  • ヘッジファンドをお薦め
  • 年間の期待収益を上回ることができなければ席を失うが、一方でベースサラリーに加えて、個人で稼いだ収益の10%超が収入になるビジネスモデルが一般的

長期でリターンを目指す

  • PEをお薦め
  • ファンドの投資期間は10年が一般的で、ベースサラリーに加えて、ファンドの投資期間内に他社へ売却、上場などで得られた収益の一部(キャリー)が個人に収入として還元されるビジネスモデルが一般的

 
 
PE及びヘッジファンドの求人

PE 及びヘッジファンド採用の公募例は殆どありません。又、各社とも投資銀行や銀行と比較して 求人数も限られています。人気業種ではありますが、 募集要項はあまり知られていません。
現在の  PE 及びヘッジファンド採用の主流は、ジュニア採用です。個別各社によりニーズは異なりますが、特定の傾向があります。
 
PEの採用ニーズ

  • ジュニア採用が大半 
  • 基本は投資銀行出身者のアソシエイト採用
  • 今年の特色は新卒からの社会人経験が3年未満のアナリスト採用の増加

PEの代表的な募集職種

  • バイアウトファンドにおけるアソシエイト
  • モデリング及びエクスキューション担当 

PEのターゲット候補者

  • 王道は新卒で外資系投資銀行IBD( M&Aが望ましい)入社
  • 3年から5年の経験を経て、2社目にPEへAssociate で入社するケース(MBA経由もありますが)

 

ヘッジファンドの採用ニーズ

  • ロングショートエクイティファンドのジュニア採用が大半
  • インベストメントアナリストポジションが主流

ヘッジファンドの代表的な募集職種 

  • 日本株ロングショートエクイティファンドにおけるジュニアインベストメントアナリスト
  • エクイティリサーチ 担当

ヘッジファンドのターゲット候補者 

  • 3年から5年の金融経験は必要ですが、比較的求められるバックグラウンドはオープン
  • 投資銀行IBD(M&Aもしくはカバレッジバンカー)
  • エクイティリサーチ(投資銀行及びアセットマネジメント出身)
  • PE出身の評価は高い

 
最後に

当社ではPE 及びヘッジファンドに特化したアドバイスを提供しております。PE 及びヘッジファンド各社の投資実績及び投資スタイル、ターゲット候補者像の明確化(投資銀行出身もしくは戦略コンサルタント出身かなど)、採用担当者名及びバックグラウンド、そして想定されるベースサラリーのレンジ、そしてボーナスの水準に関してなど。
 
個別ポジション詳細に関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。